忍者ブログ
首の痛みや病気について

スポンサード リンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パソコンに向かって仕事をしている人のほとんどは、肩・首の凝りに悩まされているでしょう。頭の重さが首に掛かって首の凝りにつながります。首の凝りとは部分的に筋肉に血液がいかなくなって起きた循環障害なのです。現代社会に生きるサラリーマンにとっては逃げることのできない職業病のようなものです。首の凝りを治すには、この循環障害を取り除けば良いのです。肩、首の凝りはその場所を触ると固くなっているのが分かります。首の凝りに手を当てそっと揉みほぐします。腕を前後にぐるぐる回します。首を前後左右に倒します。首の凝りが感じられたらこれを繰り返します。血行が良くなると首の凝りは徐々に解消されていきます。長時間同じ姿勢で机に向かうということも首の凝りを誘発します。30分~1時間に1回はその場で立ち上がり軽い運動をしましょう。首に凝りを感じていると自然に姿勢が悪くなり、腰痛なども引き起こしてしまうようです。正しい姿勢(乗馬の姿勢が良いといわれています)で適度の運動を心がければ首の凝りは軽減できるそうです。また首の凝りは頭痛や眼精疲労の原因になるとも言われています。

朝起きたときに首に凝りを感じる人。それは枕があっていないために起こる首の凝りです。

枕の高さはこれがいいと決まったものがあるのではなく、使う人が気持ちよければそれが正しい高さなのだそうです。朝首の凝りを感じる方は枕を変えてみてはいかがでしょうか。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
治療後のコルセットは逆効果!?
はい♪こんばんはー 木曜日、ぎっくり腰直前の方の施療をして、土曜日、同じ人から電話がありました・・・・。聞けば、別の所が痛くなったようです。ぎっくり腰の治療は難しいです。同じ治療を施しても、タイミングやその人の生活環境、回復力の差によっても施療後の治り方....
URL 2007/08/01(Wed)01:15
[8] [7] [5] [4] [3] [2] [1]

<<首の病気 HOME 首の痛み>>
忍者ブログ [PR]

Designed : Under the Rose